スタッフブログ

防犯ベルの効果-コンビニ

2010年10月26日

防犯ベルって、やっぱり効果あるんだなぁっと思う出来事を1つ。

埼玉県春日部市のコンビニ「サンクス」に、包丁を持った強盗が押し入ったそうです。
男性店員はレジでかがんだら、強盗は一言「押したのか?」と。

で、防犯ベルを押されたと思い込んで、いちもくさんに走って逃げたそうです。

男性店員は、ビデオの録画ボタンを押しただけだそうですが、「押したのか?」でビデオと防犯ベルを勘違いする強盗のマヌケさが笑えますね。

だって、防犯ベル押したら大音量のベルがガンガンなるじゃないですか。普通、音で威嚇しながら異変を伝える装置です。
強盗さん、よっぽどテンパっていたんでしょうね。

そんなんなら、強盗なんてしなけりゃいいのにって思いませんか?

これから、年末に向けて空き巣や強盗などの凶悪事件が起こりやすくなります。
みなさん、自宅や事務所・会社の防犯はガッチリしておきましょう。

防犯専科@ホームセキュリティ ブログ

残念エピソード・ホームセキュリティを設置しなかったデメリット

私は、2回、車上荒らしに遭い、合計3万5千円を盗まれました。被害に遭う1か月くらい前から、怪しい人が家を見渡しているのを数度目撃しています。ホームセキュリティのステッカーが貼ってあれば、犯人も警戒したことでしょう。犯行時も、センサーライトとカメラの相乗効果で、車上荒らしを防げたはずです。

サービスの豊富さと便利さで選ぶなら、セコム
安さと使いやすさで選ぶなら、アルソック がいいでしょう。

運営情報サイトマップセキュリティ関連サイトスタッフブログ
Copyright 2010-2013 防犯専科 All Rights Reserved.

このページの先頭へ