セコムとアルソックを比較~直接インタビュー

セコムとアルソック、どちらがどう違うのか、気になりませんか?
やはり、パンフレットやウェブサイトでは見ることができないガードマンを直接見てみたいし、
それぞれのセキュリティポリシーも知っておきたいもの。

そこで、当サイトでは、セコム&アルソック両社の営業所長さんに直接インタビューをしました!
パンフレットでは見えてこない、それぞれの顔をお伝えします。

セコムとアルソックのインタビューは、別のページに移動しました。
セコム営業所長さんへのインタビュー
アルソック営業所長さんへのインタビュー

セコムとアルソックを比較!

ホームセキュリティ企業といえばセコムとアルソック。この2社を比較してどちらが良いのか見比べてみます!

比較ポイントは、防犯に欠かせない「拠点数」と「駆けつけ時間」、そして毎月の費用の3つです。

拠点数を比較

まずは、ガードマンが24時間体制で常駐している拠点数から。セコムは全国に2,830カ所(2013年7月現在)で、アルソックは2,100箇所以上(2013年7月現在)で、セコムの方が拠点数が多くなっています。

駆けつけ時間を比較

これは、具体的な時間が両社パンフレットに明記されていなかったので、インタビューしてみたら、どちらも5~10分ほどで到着できるように心がけているとのことです。

とはいえ、拠点から遠く離れている場所に10分以内は物理的に無理があるので、近くの拠点がどこにあるかがポイントになってきます。

費用を比較

一番気になるのが、費用ですよね。セコムとアルソックは、パンフレットでそれぞれこのように月額料金例を明示しています。

部屋タイプ セコム アルソック
マンション(2LDK) 3,000円
マンション(3LDK) 3,045円
一戸建て(3LDK) 4,500円
一戸建て(4LDK) 4,500円 3,150円
一戸建て(5LDK) 5,800円
二世帯住宅(1LDK&3LDK) 5,800円
二世帯住宅(2LDK&4LDK) 3,885円
オフィス兼住宅 5,800円

とまあ、一覧表にしてみたのですが、月額例だけで見るとアルソックの方が安いようです。しかし、アルソックの方が安いと言い切れないのも事実。なぜなら、料金はセキュリティをかける「部屋の数」「窓やドアの数」などによって変わるため。つまり、家の作りやあなたが防犯したい場所によって金額が違ってくるということです。

加えて【どんな方法でセキュリティをかけるか】でも料金が変わります。広角カメラだけなのか、窓に開閉センサーを設置するのか、廊下のような人の動きがある場所は空間センサーを設置するのかなどなど。センサー類も、無線or有線によって料金が違います。

よって、料金は、あなたの住まいのどこを守るかを決めたうえで、見積もりを取らなければ分からないということなんですね。

セコムとアルソックを比較!まとめ

パンフレットから分かる「拠点数」「駆けつけ時間」「費用」を比較しても、あなたのお住まいにとってどちらが防犯に優れているのかは分からないので無意味です。あなたのお住まいの防犯力は「駆けつけ時間」で決まります。つまりは、最寄りの拠点からの距離が近い方が防犯に優れているということです。

しかし、セキュリティの関係上、ガードマンが常駐する拠点の場所は調べても分からないようになっています。けれども、パンフレットの資料請求をしてから営業さんに来てもらうと、最寄りの拠点がどこにあるのか教えてくれるのです(私はこの方法で聞き出しました)。これを、セコムとアルソックの両方で行えば、あなたのお住まいにとってどちらが防犯力が上なのか一目瞭然。

ついでに、住まいの間取り図を用意しておけば、コストと防犯力を兼ね備えたベストな方法を提案してもらえる(つまり料金も分かる)ので一石二鳥です。


無料一括請求なら、1度でセコム・アルソックを含む複数社の防犯力がリサーチできます。

運営情報サイトマップセキュリティ関連サイトスタッフブログ
Copyright 2010-2013 防犯専科 All Rights Reserved.

このページの先頭へ